DESIGN

【AdobeCC 】なるべく出費を抑えてクリエイターになりたい方へ【デジハリオンライン】

なるべく出費を抑えてクリエイターになる方法

あらゆるクリエイティブに必要となるアプリケーションのAdobe Creative Cloud

セール価格で販売されることもありますが、基本価格がとても高額ですよね…

デザイナーになりたい、動画編集をしてみたい、アニメーションを作ってみたい。

そう思った時に約66,000円は非常に高額

なるべく出費を抑えたい駆け出しのクリエイターさんにおすすめプランの紹介になります。

この記事で紹介するのはデジハリ・オンラインスクールのAdobeマスター講座になります。

AdobeCCマスター講座へ

Adobeマスター講座ってなに?

デジタルハリウッドが運営しているオンラインスクール「デジハリONLINE」にはクリエイティブに特化したオンラインで受講できる講座があります。

その中にあるプランのひつつが「Adobeマスター講座」になります。

Adobeマスター講座は39,980円(税込)となり本来の価格の約半額。

誰でも挑戦しやすい価格になっています。

プラン内容はとてもシンプルです。

  • AdobeCC12ヶ月分のオンラインコード
  • 基礎動画教材46時間分視聴ができる(視聴可能期間1ヶ月)
  • プロによる課題添削(添削期間2ヶ月/3回まで)

1ヶ月間の動画視聴期間以降もAdobeアプリケーション自体は12ヶ月間利用が可能です。

注意!

Adobeマスター講座は、法人契約ができません。

あくまで個人名での契約のみが対象となります。

AdobeCCを法人で利用したい場合はAdobe社に法人プランがありますので

そちらのページをご確認ください。→AdobeCC法人利用

Adobeマスター講座が低価格な理由

約半額という低価格なAdobeマスター講座ですが、低価格には理由があります。

それはデジタルハリウッドがAdobe社とのプラチナスクールパートナーに認定されているからです。

そのため、AdobeCCの学生・教職員個人向けライセンスプログラムを特別価格で購入が可能となっています。

学生・教職員個人向けライセンスとありますが、アプリケーションやサービス内容は市販されているコンプリートプランと変わりありません。

簡単申込でスタートもスムーズ

公式でも「最短10分から!すぐに利用開始できます」とあるように、申込から利用開始までがとてもスムーズ。

受講料の支払い完了後には、登録したメールアドレス宛にシリアルコードが送信されます。

あとはメールに書いてある手順に沿って登録をするのみです。

とても簡単&すぐにアプリケーションを使用することができます。

※アプリケーションのDLがまだの方は、アプリケーションのDLに時間はかかります。

わたしもAdobeマスター講座には何度もお世話になっています。

申込からAdobeが使えるようになるまでにストレスを感じたことはありません

Adobe FontやCreative Cloud Filesの使用もできます

AdobeCCを契約するとクリエイターにとって嬉しいオプションサービスがあります。

基本使用料は無料の利用価値が高いサービスです。

Adobe Fonts

Adobe Fontsとは、サブスプリクション形式のフォントライブラリです。

追加料金の発生もなくAdobeCC加入者ならどなたでも利用できます。

使いたいフォントをアクティベートするだけで、Adobeアプリケーションで使用ができます。

商用利用も可能で、ロゴや印刷物、WEB、映像などあらゆる制作物に使用できます。

登録しているフォントメーカー150以上あり、フォントの種類は18,000以上。

日本語フォントも多く登録されています。

わたしもAdobe Fontsヘビーユーザーです。

Creative Cloud Files

AdobeCCにはCreative Cloud Filesというクラウドサービスがあります。

クラウド上で100GBまでファイル保存ができます。

※ストレージを追加できるオプションあり(有料)

わたしはMac Book AirとWindowsのデスクトップPCを使用しています。

MacとWindowsでのデータ共有をする点ではCreative Cloud Filesはとても有効的です。

ここで注意が必要なのは、クラウドとありますがPC上の保存場所はローカルになります。

そのためPC上のHDDやSSDの保存容量を逼迫します。

WEBサイトからもフォルダの確認ができるので便利なクラウドではあります。

定期的なデータ整理をして管理をすることがオススメです。

まとめ

今回はなるべく出費を抑えたい駆け出しのクリエイターへ向けた内容となりました。

何かを始めたいと思った時の支出の負担を少しでも軽減できれば、挑戦してみたいことへのブロックが崩せると思います。

この記事でクリエイターになりたいけど、金銭的に悩んでいる方への少しでも役に立てればと思います。

AdobeCCマスター講座へ

基礎を身につけて、なりたい自分に。

巻末付録

アイキャッチの制作過程を巻末付録として掲載します。

使用した素材(free)

manypixcels

使用フォント(Adobe Fonts)

平成角ゴシック Std/W9

参考資料

レイアウト・デザインの教科書(Chapter2:レイアウトの基本ルール)

created by Rinker
SBクリエイティブ

その他、グラデーション背景、水玉のあしらいは自作です。
水玉のあしらいは2021年のお気に入りで高頻度で使用しています。